「予感」の周波数

最終更新: 1月8日

 お寿司屋さんからの帰り、夫が、西大路通りと千本通りを間違えて下がっていた。

 どんな道順であろうが、助手席の私には、どうでもいいのだけど、先日行ったばかりの銭湯を越えたあたりで、「あれ?」と風邪の予感が通り過ぎた。


 この予感は、たいていの場合「当たる」のだが、今回は、今までのように、ただ罹患するのを待つのは止めようと気づいた。ほんまに、今さらやけど、気づいた。先ほど、Wとしゃべったおかげ。なんで今まで、予感の状態で、風邪を待ち構えていたんだろう。


 ただ「予感」の周波数を外したらええだけやん。

 そう気づくが早く、助手席で、せっせと周波数外しを行った。


 

 

 

 

 

 


関連記事

すべて表示

コンビニスイーツ日和

毎日毎日毎日、コンビニスイーツを食べない日はほぼない。この価格で、この美味しさでいただけるなんて、スイーツオバサンな一消費者としては涙がちょちょぎれるくらいにありがたい。 これでは、洋菓子屋さんの商売は、よほど研鑽なり、工夫なりせえへんとなかなか難しいんやろなぁ。 ただ一方で、洋菓子屋さんが大好きな私としては、洋菓子屋さんとは、高く評価され、憧れられる存在だという考えを持っている。本当に美味しいシ

白蛇さんと語源と真言

昨夜、瞑想しつつ眠りに着く途上で、 イラストチックな小さい白い蛇がいて、 なんということもなく見ていたのだけれど、 ふと、われに返ると、あのふわり感がやってきて、 同時に、それが白蛇さんだという感慨というか、納得のような気分になった。 すると、その白蛇さんが'かるた'のようなカードに収まった。 4枚あった。 白蛇さんの、うねる形がそれぞれのかるたの意味のように感じた。 ああ、これが「語源」のような