おぼろ豆腐のやさしさと

最終更新: 1月8日

レンジで台湾朝ごはんと題した鹹豆漿(シェントウジャンというお豆腐ベースのレンチンご飯をoisixで購入して、お昼に食べた。


リフォームが長引いているなか、日中は業者さんの出入りが激しく、私は3階にこもる毎日。

そのせいで、お昼はコーヒーとお菓子でしのぐ生活になっていて、明らかに胃が疲れている感じ。そんな時に、このやさしいおぼろ豆腐には救われる心地がした。

今週も、リピートしようと思う。

 


さて、それはそれとして……( ̄▽ ̄)


はま寿司に行った際、サイドメニューの木苺のタルトを持ち帰った。


これが、またとても美味しいのだ。大きめで、200円!

こんなのが200円で買えるなんて、ちょっとした王様気分である。一消費者としては嬉しいところだけど、アジアの貧しい国と同じような状況ではないだろうかと、一国民としては案じてしまうのであった。



関連記事

すべて表示

コンビニスイーツ日和

毎日毎日毎日、コンビニスイーツを食べない日はほぼない。この価格で、この美味しさでいただけるなんて、スイーツオバサンな一消費者としては涙がちょちょぎれるくらいにありがたい。 これでは、洋菓子屋さんの商売は、よほど研鑽なり、工夫なりせえへんとなかなか難しいんやろなぁ。 ただ一方で、洋菓子屋さんが大好きな私としては、洋菓子屋さんとは、高く評価され、憧れられる存在だという考えを持っている。本当に美味しいシ

白蛇さんと語源と真言

昨夜、瞑想しつつ眠りに着く途上で、 イラストチックな小さい白い蛇がいて、 なんということもなく見ていたのだけれど、 ふと、われに返ると、あのふわり感がやってきて、 同時に、それが白蛇さんだという感慨というか、納得のような気分になった。 すると、その白蛇さんが'かるた'のようなカードに収まった。 4枚あった。 白蛇さんの、うねる形がそれぞれのかるたの意味のように感じた。 ああ、これが「語源」のような