めっちゃ単純なこと

ちょいと追記。


1秒も抜かりのない状態 というのは、

本質的に、喜びしかない。


だから、だれもが、ほんとうは、

自分のすべてに、すべての瞬間に意識を向けていたら、

もう、幸せなのだけれど、


それが、できないと感じるとすれば、

たぶん だけど、


この瞬間に、自分へのジャッジメントをしているからだと思う。


自分へのジャッジが苦痛に感じるから、

意識は、自然と外に向いて、ここから逃げようとしてしまうのではないか。



そういうときは、

あたしってマゾね〜〜と、ふふん……と笑い、


改めて、自分の「今」にいたらいい。



それについての「考え」ではなく、

今、「私」に「起こっていること自体」に注目する。


ジャッジのない宇宙、まっさらな「私」が発見できる。

常に、ここに、いる。



関連記事

すべて表示

自己対話がナチュラルになっていくツール

先日、ノート 宙のメサージュ+を創らせていただいた方から 「物語と、あるワードの関連が気になって、 自分に問いかけたところ、涙が流れた」 というお話を伺った。 「自分に問いかけた」というところ わたしの最も伝えたい、自己対話そのものをされていることに、 じわっと感動した。 ゴールなきゴール、自己対話。 最初であり、最大であり、終焉である、自己対話。 物語が浮かぶことで、だれかに問うのではなく、 自