差し込むイザナミ

ワタクシは寝つきが悪い。



物心ついた頃には、すでに入眠が難しくて、


「寝られへん、寝られへん」としくしく泣いていた幼女の頃を思い出す。



不眠には、いろんな理由が、思い当たるが、


今回は、その件で話すのは やめよう。



寝つきが悪いということは、やっと寝た頃に朝が来るので、

連動して、寝起きも悪い。



しかし、私は、寝起きが悪いなりに、


ほぼほぼパーフェクトに目が覚める方法を持っている。




祈り


これだけ。


「どうか、7時半には起こしてください」


と、心を込めて お祈りをしておく。



100発99中。ほぼ成功する。

(これでアカンときは、アカン方が良かったと開き直ることにしている)



二日ほど前も、寝るのが4時くらいになってしまい、

早起きする自信がなかったので、

真剣に祈っておいた。



そうしたら、その時間になったら、

いきなり、脳裏に、


   弉

   冊


 って文字が、半紙に隅で 縦書きで差し込んで、


この漢字の上にも、何か漢字があったが、

私は瞬間的に「イザナギ」と読んで、ハッとして目が覚めた。


✨7時半 ぴったり✨


後から調べたら、

イザナギではなく「伊弉冊(イザナミ)」の方だった。



夢見の意味なんて、この場合、よくわからないが、


とにかく、本日も無事に起こしてもらえたのである。




関連記事

すべて表示

白蛇さんと語源と真言

昨夜、瞑想しつつ眠りに着く途上で、 イラストチックな小さい白い蛇がいて、 なんということもなく見ていたのだけれど、 ふと、われに返ると、あのふわり感がやってきて、 同時に、それが白蛇さんだという感慨というか、納得のような気分になった。 すると、その白蛇さんが'かるた'のようなカードに収まった。 4枚あった。 白蛇さんの、うねる形がそれぞれのかるたの意味のように感じた。 ああ、これが「語源」のような

水槽のハツカネズミが逃げ出した夢

水槽の中に、ハツカネズミが数匹棲んでいた。 この夢の中では、 ハツカネズミは水中でも生きられる 観賞用のような 水中に閉じ込められている生き物だった。 そのうち、一匹が、水面に上がって、 水の上を、相当高い位置までジャンプしながら進んでいた。 わたしは「へぇー」と、興味深くその様子を見ていた。 すると、そいつが、ついにと言うべきか、 完全に外に出てしまった。 「あ!逃げられる!」と慌てている